お知らせ

マーガレットの会会員の皆様

 2022年は、マザー・マチルドら5名の幼きイエス会のシスターが来日し150年を迎えた記念すべき年です。横浜の地に降り立ったシスター方がまず初めになさったこと、それは教会でごミサに与ることでした。プチジャン神父様の招きによる横浜天主堂での祈りを通して、マチルドは感謝と安らぎのうちに、日本でイエスキリストの愛を伝えることの喜びを見いだしたことでしょう。

 2020年度に開催を予定していた「マーガレットの会 集い」が新型コロナウイルスの感染拡大により2021年度に延期となりました。そして、準備を整えてきた2021年度もまた延期となりました。会員の皆様におかれましては、「マーガレットの会 集い」の2022年度開催を一日千秋の思いで待っていらしたことと拝察いたします。私ども教職員も開催を心待ちにしておりましたが、現在の感染拡大状況を踏まえますと、会員の皆さまの健康・安全を最大限に配慮する必要があり、誠に残念でございますが、今年度も開催を見送ることといたしました。

「マーガレットの会 集い」は、横浜雙葉を愛する卒業生、卒業生保護者、旧職員の皆様が、旧交を温めることができるよう設けた会です。会員の皆様が安心してお話ができる時間と空間が少しでも早く戻りますようどうぞお祈りください。そして、学園の創始者マザー・マチルドが横浜雙葉の発展を願ったように、マーガレットの会会員の皆様も末永く小学校をお支えくださいますようお願い申し上げます。

 現下の情勢が一日も早く収束に向かいますよう、また、皆様とご家族の皆様が健康な毎日を過ごされ、神様のお導きと豊かな祝福がありますようお祈りいたします。

横浜雙葉小学校  校長  池田 純一郎

マーガレットの会会員の皆様

 涼しい季節が待ち遠しい今日この頃ですが、皆様にはお障りなくお健やかにお過ごしのことと存じます。
コロナ禍もようやく収まりつつあるような気配もございましたが、ウイルスがさらに変異することによってまた感染者が増加し、全国的に再燃しているというニュースに、戸惑いを隠しきれない毎日です。
 さて、4年に一度に開催予定のマーガレットの会集いは、本来ならば、オリンピックの年2020年に行う予定でしたが、新型コロナウイルス感染のため2回に渡り、延期という選択をさせて頂きました。残念ながら今年度も諸般の事情により断念することになり、楽しみにお待ちくださっていた皆様には、ご期待に添えず、大変申し訳ない思いを抱いております。
 今年はマザーマチルド来日150周年という節目の年でもありますが、マーガレットの会の皆様と共にお祝いする事が叶わず、大変残念です。今から150年も前にヨーロッパからfar eastの日本へ向かってくださった4人のシスター方とって、日本はどんなに遠い国であったのか、そしてマザーマチルドの思いはどんなに深いものであったのか、シスター方の遥かな道のりを思うたび、言葉では言い尽くされないものがあります。 
 今年度も延期となる集いではありますが、マザーマチルドの遥かな思いを心の片隅に置きながら、皆様にお会いできる日まで、準備して参る所存でおります。どうぞ、その日までお待ちいただけたら幸いでございます。
ご家族の皆様と共にお健やかにお過ごしいただきますよう心からお祈り申し上げます。

マーガレットの会  会長  小野 理恵子

​              役員一同